アトピー性皮膚炎を改善する為の、治療になる食事の摂り方を教えて!

 

 

いつまでも続く痒み、
掻きすぎてジュクジュクになってしまうと、
見ている方も可哀想になりますね。

 

 

きちんと保湿もしてあげて、
薬もちゃんと塗っているのに中々治らない、

 

夜も痒みでぐずついて眠ってくれない、
どうして良いか分からなくなるママさんも多いはずです。

 

 

そこで、今回は食事がアトピー性皮膚炎に
関係しているのかを一緒に勉強していきたいと思います。

 

 

 

 

現代病と言われるアトピー性皮膚炎

 

まず、アトピー性皮膚炎と言うのは、現代病だと言う事です。

 

昔にはなかった病気ですし、
貧しい国の人には見られない病気なのです。

 

それは、昔の人も、貧しい国の人も、
満足な食事が出来なかったと言う事があるからです。

 

 

また現代人は、食事は毎日満足に摂れ、
いつでもお腹一杯食べられます。

 

 

更に今の食事は高カロリー・高たんぱくで運動することもない為、
消費エネルギーが少なく体の中に栄養分が残ってしまっている状態にあります。

 

 

この様な食品の中に含まれている添加物等が、
体質の変化に大きく関係していると言われています。

 

 

 

食事で気を付ける事

 

 

アトピー性皮膚炎になって、この食品が原因だと判れば
それを摂取しなければ良いのですが、

 

食品には色んな栄養素が含まれているので、
特定の物を見つける事は難しいと言われています。

 

 

 

しかし、ある栄養素は足りていないのに、
ある栄養素は摂り過ぎている!!

 

と言った偏った食事を摂る状態が続くと
アトピー性皮膚炎の素因を持っている人は発症する可能性が高いと言われています。

 

 

そこで、アトピーの予防や改善に必要なのは
バランスの良い食事と腸に優しい食事を摂る事が大切になります。

 

 

それは、アトピー性皮膚炎は腸内環境が
大きく関係していると言われているからです。

 

 

これらの事から、腸に優しい食材で作られた、
日本食が適していると言えます。

 

 

最初にお伝えした様に、
昔の日本にはアトピー性皮膚炎はなかったと言う事ですが、
それは日本食が如何にバランスよく作られていたか、と言う事にもなる訳です。

 

 

 

>>アトピー性皮膚炎を保護する大人気の保湿剤なら♪