アトピー性皮膚炎の原因は?どうしたら治るの?ガイドラインとは?

 

赤ちゃんの顔や身体に、
赤いブツブツが出たら、心配になりますよね。

 

 

虫刺され?かぶれ?

 

もしかしてアトピー性皮膚炎!?

 

と色々考えて、このサイトに辿り着いた方もおられるかと思います。

 

 

もし、アトピー性皮膚炎と診断されたら、どうしたら良いのか・・・?

 

 

そんな悩みを解決する為にも
アトピー性皮膚炎の原因と、

 

どうしたら治るのか??

 

治療の目安となるガイドラインとは
どんな物なのか詳しくお伝えして行きます。

 

 

まず、最初に考えるのが、
赤ちゃんに出来たブツブツが、

 

アトピー性皮膚炎なのか、どうかという事ではないでしょうか?

 

 

そこで、アトピー性皮膚炎には、
どの様な症状があるのか説明していきます。

 

 

 

 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎

 

 

赤ちゃんはアトピー性皮膚炎になるのか、と言う事ですが、
赤ちゃんには生まれて直ぐから出来る乳児性湿疹と言うのがありますので、

 

 

アトピー性皮膚炎なのか乳児性湿疹なのかと
言う診断はお医者さんにも難しい様です。

 

 

診断基準として、痒みのある湿疹が乳児期では2ヶ月以上、
それ以外では6ヶ月以上続いた時、アトピー性皮膚炎と診断される事があります。

 

 

症状としては、耳の後ろや、
関節の内側などに強い痒みがある事です。

 

 

しかし、赤ちゃんは皮膚の抵抗力が強くなってきますので、
1歳位までには良くなる事が多いと言われていますので
長引く様な症状が出なければ、特に心配する必要はないと思われます。

 

 

>>アトピー性皮膚炎を保護する人気の保湿剤なら♪

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎の症状

 

一番の特徴として、何度も良くなったり、
悪くなったりを繰り返してしまうと言う事があります。

 

 

症状は、赤みがあって盛り上がりのある湿疹で、
痒みがありジクジクした状態になります。

 

 

出来易い場所も、個人差はありますが、
顔、目の回り、耳、脇の下、手足の関節の内側などがあり、
殆どが左右対称に出ると言われています。

 

 

痒みが酷い為、掻き過ぎて皮膚が厚くなり、
掻いた傷跡から細菌が入って炎症を起こす場合があります。

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎の原因

 

アトピーと言うのは、
語源が「奇妙な」「とらえどころがない」と言う意味の通り、
色んな原因が重なって起こる病気の事を言います。

 

 

そこで、どんな原因があるのか幾つか挙げて行きたいと思います。

 

 

@皮膚のバリア機能の低下

 

 

人間の皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織、
と言う層で出来ていて、表皮の外側にある角質が肌を守る役割をしています。

 

そのおかげで、外からの刺激や菌などが体内に入らなくなっています。

 

 

 

しかし、アトピー性皮膚炎の人は、この機能が低下している為、
角質と角質の間を埋めている
角質細胞間脂質や天然保湿因子が減ってしまっています。

 

 

つまり、皮膚の中まで雑菌が入ってきたり、
水分が蒸発することにより、肌が乾燥し、
トラブルが起こり易い肌になってしまうのです。

 

 

 

皮膚のバリア機能の低下は個人差もありますが、
その他の原因として皮膚をこすったり、
掻いたりする物理的な刺激や、汗、石鹸、紫外線などが原因の場合もあります。

 

 

 

A免疫の過剰反応

 

 

普通は細菌等から身を守る為に免疫反応が起こるのですが、
アトピー性皮膚炎では、この反応が過剰になるので、
退治する必要のない物まで攻撃して炎症が酷くなると言われています。

 

 

またアトピー性皮膚炎の人は、
アレルギーの原因となる物質に対する抗体の数値が高い傾向があります。

 

 

その為、アレルギーを持っている人に
多いと言われるのですが、それには理由があります。

 

人間の皮膚には肌を刺激から守ってくれる
常在菌があるのですが、アトピーの人の常在菌は
健康な人と比べると種類が少ない事が分かっています。

 

 

また、その中でも黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウム菌が多く存在し、
このコリネバクテリウム菌がアトピー性皮膚炎の人の抗体を上昇させています。

 

この様な理由でアトピー性皮膚炎の人に
アレルギーを持っている人が多いという事になるのです。

 

 

Bアトピー性皮膚炎の原因で多いのは、
ハウスダストやダニ、カビがあります。

 

 

家の中の埃にはダニが沢山いると言われていて、
これが痒みの原因として挙げられる事が多いようです。

 

 

>>アトピー性皮膚炎を保護する人気の保湿剤なら♪

 

 

 

アトピー性皮膚炎、自分で出来る事

 

 

病院に行って適切な薬を貰うのも一つの方法かも知れませんが、
それは、対処療法であり、根本的な事は、改善されていないのです。

 

 

そこで、治療しながら、適切な処置をする事で、
より早く改善できる幾つかの方法をお伝えします。

 

 

 

 

@清潔にする

 

昔は、毎日お風呂にも入れず、
石鹸もありませんでしたが、アトピー性皮膚炎はありませんでした。

 

 

 

ですから症状によっては、お風呂に入っても、
お湯だけで汚れは綺麗に落とす事が出来るので、
毎日石鹸を使う必要はないと言う考えもあります。

 

 

石鹸は毎日使うと必要な皮脂まで落としてしまうからです。

 

 

また、使う石鹸も気を付けて選ぶ事が大切になります。

 

 

洗う時はナイロンタオルでゴシゴシこすったりして洗うのではなく、
石鹸を良く泡立てて、その泡で洗うように手のひらで優しく洗う事が大切です。

 

 

泡がクッションになって、
直接肌を刺激する事から防いでくれます。

 

 

理想的な泡は逆さまにしても落ちない様な泡ですが、
そこまでの泡を作るのも大変ですよね。

 

 

そんな時は泡で出てくる商品もありますので、
それらを活用する事も一つの方法です。

 

 

自宅で簡単に泡を作る方法として、
液体の石鹸とお湯をペットボトルに入れて
上下に振って作る方法もありますので、試してみて下さいね。

 

 

そして、赤ちゃんの場合、汗を小まめに拭いてあげたり、
離乳食が始まったら口に付いた食べ物を
綺麗に拭いてあげる事も悪化を防ぐのに大切な事になります。

 

 

 

A肌を乾燥させない

 

 

綺麗に洗った後は、忘れずに保湿をする事です。

 

乾燥する事で、痒みが増し、
かきむしって傷を作りそこから細菌が入って悪化する可能性があるからです。

 

 

保湿剤も身体に合った保湿剤を選ぶ事が大切になります。

 

塗る時も、こすらず、両手で伸ばした後、
やさしく包むように塗ってあげましょう。

 

 

 

C生活環境を綺麗に保つ

 

 

布団を小まめに干したり、シーツや枕カバーなど
直接肌に触れる物も小まめに変えましょう。

 

部屋を毎日掃除して、常に清潔にしておく事も大切です。

 

なぜなら、部屋の埃などにダニが発生し易いからです。

 

 

 

D塩素を抜く

 

 

日本の水道水は安全でとても綺麗ですが、
安全性を保つ為に塩素は必要な物です。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の人は肌が敏感なので、
少量の塩素にも反応してしまう事があります。

 

 

その様な場合は、台所の蛇口に塩素を除去する機材を取り付けたり、
お風呂にも塩素を除去する機材をつけたりと工夫をして見ましょう。

 

 

また湯船には、
ビタミンCの粉末を入れると塩素が除去されます。

 

 

そして飲み水や調理に使う水にも気をつけましょう。

 

 

 

ガイドライン

 

皆さんは、日本皮膚学会が出している、
アトピー性皮膚炎治療の為のガイドラインをご存知でしょうか。

 

 

一般の人でも読める様に、ネットで公開されていますが、
とても長く、難しい言葉で書いてありますので、
読むのが大変で理解も難しい内容です。

 

 

そのガイドラインによると

 

・アトピー性皮膚炎とは

 

「痒みのある湿疹」

 

「悪くなったり、良くなったりを繰り返す」

 

「アトピー素因を持つ」

 

と言う3つの特徴があげられています。

 

 

アトピー素因とは、

 

・本人か家族にアレルギー性の病気を持っている人がいる事

 

・免疫物質を作りやすい体質である事

 

の2点が挙げられています。

 

 

 

*アトピー性皮膚炎の診断基準

 

・かゆみがある事

 

湿疹場所として、乳児期は頭、顔、体幹、四肢に下がっていき、
幼少時期は、首、手や脚の関節部に出来、
思春期、成人期は、上半身にでき易い、とありました。

 

 

また、乳児期は2ヶ月以上良くなったり悪くなったりし、
その他では6ヶ月以上良くなったり悪くなったりを繰り返す、となっています。

 

 

この様に「アトピー性皮膚炎の定義、病態、経過と予後、診断、治療」として、
この様な症状が出たらアトピー性皮膚炎と診断し、

 

薬は程度によりどの様な薬が良いのか等、
基準になる事が書かれています。

 

 

病院の先生はこれを元にして、
診断したり薬を出したりしています。

 

 

 

またアトピー性皮膚炎の人に普段から
気をつける事を伝える内容、などありましたが、
概ね上記で説明した様な事が書かれてありました。

 

 

 

しかし、このガイドラインが満足な物でないとして、
見直しを要求している患者さんも多くいる事は事実です。

 

 

詳しく知りたい方は、

 

「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」

 

で検索すると見れますので、そちらを読まれる事をお勧めします。

 

 

如何だったでしょうか。

 

 

 

ここまで、アトピー性皮膚炎の原因や気をつける事など解説してきましたが、
ママが出来る事が沢山ありますので、
これらに気を付けて一日も早く、痒みの無い時間を作って上げて下さいね。

 

 

>>アトピー性皮膚炎を保護する人気の保湿剤なら♪